ストレスに対抗

運動により、消費量が増す(ストレスに対抗するため、副腎に貯蔵されているビタミンCが使われるため)。抗酸化物質として、活性酸素の攻撃から体を守り、筋肉の回復、成長を促進する。また、ヨフーゲンの生成にかかわり、結合組織の強度を維持する。鉄の吸収促進や、テストステロン(同化ホルモン)の生成、分泌にもかかわる。炭水化物の代謝(ブドウ糖からエネルギーをつくり出す反応)に働く(ビタミンB群の栄養素はいずれも、三大栄養素のいずれかをエネルギーに変換する反応にかかわり、互いに共同して働く)。

 

 

神経機能の維持、ヘモグロビンの合成にもかかわる。運動強度が増し、エネルギー必要量が増えるほど、それを燃やすために必要量が増す。運動中にできる老廃物(乳酸やケトン体など)の代謝にも必要(その他のビタミンB群も同様)。

 

グルコースなどの補酵素の働きにも注目

 

グルコース、脂肪の代謝などエネルギー生成にかかわる。体内のさまざまな酵素の働きを助ける補酵素として働き、たんぱく質、炭水化物、脂肪のすべての代謝にかかわる。たんぱく質代謝、炭水化物の利用にかかわる。たんぱく質の摂取量が増えるほど、必要量が増す。炭水化物の代謝、神経系の機能の維持にかかわる(神経系の刺激は筋肉の収縮、成長に欠かせない)。血液中の赤血球の生成にもかかわるcたんぱく質合成や、ビタミン%とともに赤血球の生成にかかわる(不足すると、貧血になりやすい)。強力な抗酸化物質で、細胞膜を酸化から守る。細胞膜は体内で起こる代謝、回復の過程の正常な進行に重要なので、活性酸素による攻撃に対抗することは、筋肉の修復、成長に役立つ。

 

 

また、抹消血管を拡張させ、血液の循環をよくするので、運動で生成された老廃物の除去を進め、組織の回復を促進する。筋肉の成長の主要過程であるたんぱく質の合成に重要。グリコーゲンの体内での合成にかかわる。抗酸化ビタミンとして免疫系の働きに重要。皮膚や粘膜の健康を保ち、風邪などの感染症にかかりにくくする。


このページの先頭へ戻る