スポーツ中はアミノ酸などのタブレットだね

スポーツなどの激しい運動で疲れている場合などは、消化・吸収にすぐれ筋肉の分解をおさえるグルタミン・ペプチドと、エネルギー源となるBCAA (分岐鎖アミノ酸)が配合されたドリンクなどもあるので、手軽に摂れて便利です。

 

食欲がなく、通常の食事の摂取量が減った場合もこれらのサプリメントが役立ちますし、食事代用になる栄養バランスのとれたサプリメント炭水化物を配含した「バランス型」プロテインエネルギー0ドリンク、エネルギ…・ゼリ…マルチビタミン・ミネラル分岐鎖アミノ酸やグルタミンの含まれたゼリーマルチビタミン・ミネラル、プロテインやアミノ酸などのタブレットも、不足した栄養を手軽に摂れるサプリメントとして利用すると便利です。

 

最近ウエイトトレーニングにも慣れてきた

同じようにウエイト・トレーエングや食事をしていても、筋肉がつきやすい人とつきにくい人がいるのは確かです。しかし、ウエイト・トレーエングを適切に行い、食事対策も万全に行っていれば、筋肉がつきにくい人でも、必ず筋肉がついてきます。体重が増えるといっても、体脂肪が増えることで体重が増加するのはマイナスですから、筋肉をつけて体重を増やすことが大切です。このケースの設間は、ウエイト・トレーニングもしているし、たんぱく質も摂るようにしているが体重が増えないということですが、主な原因としては以下にあげる3つが考えられます。

 

 

@ウエイト・トレーニングを適切に行っていない栄養摂取の問題の前にまず考えておきたいのは、ウエイト・トレーニングを効率的に行えているかどうかの問題です。筋肉が成長するための十分な刺激を与えていなければ形だけウエイト・トレーエングをしても、筋肉はついていきません。筋肉に刺激を与え続けていくためには、筋肉にかかる負荷を大きくしていく必要があります。そのためには、体が慣れるにつれウエイトを徐々に重くしていったり、1セットの反復回数やセット数、セット間の休息時間の組み方なども工夫する必要があります。

 

 

このほかにもウエイト・トレーニングのプログラムづくりで工夫すべき点はさまざまにありますが、要は筋肉に適切な負荷をかけて行えているかどうかについて具体的に考えてみることが大切です。


このページの先頭へ戻る